とちぎえ~ぞ~支援隊のブログ

2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のエントリー 最近のコメント カテゴリー RSS配信

ブログTOP

栃木県FC実務研修会

カテゴリー:雑談

昨日、栃木県主催のフィルムコミッション実務研修会が行われました。参加50名程度の内訳は、ほとんどが各市町の商工観光課職員さんで、民間は私ぐらいだったかな^^;

内容は、フィルムコミッション事業の概要説明と運営ノウハウの伝授と言ったもので、私達「とちぎフィルム応援団」はむしろ先進事例といった形で紹介を受けました。

これを契機に、まだ受け入れ態勢が整っていなかった市町にもロケが回るようになって、栃木県エリアが益々盛り上がっていくと良いですね♪ 栃木の映像文化の今後に期待です!


Posted at 10:08    コメント [0]  

ロケよもやま話2

カテゴリー:雑談

F1000012.JPG先日のNHKの『みんなの童謡』(最新情報みてね)の撮影の時のアテンドは結構大変で、色々な経験をさせていただきました。このロケは3分のシーンを撮るのに3日間かかりました。ロケ隊も4名だけの少数精鋭なので、我々がお手伝いする部分もたくさんありました。気付いたことは・・・・

1.子供のエキストラを使うときは、その子の演技次第で進行がまるで違う。よって、演技力の有る子どもをキャストするまでに充分時間を掛ける。逆に言えば、演技できる子どもが見つかれば、ほぼ成功したようなもの!

2.雨のシーンを撮るのに、パラパラ程度の雨じゃ画面に映らず、かなり多くの水をホースシャワーでまく必要がある。ケーブル捌きのように、ホース捌きのスタッフも必要^^;

3.本番中、現場の車止めや人止めはもちろんだが、遠くの背景にでも傘をさしていない人が通ったりすると、雨のシーンが台無しになるので、かなり遠方まで人止めに注意が必要。

なんでも経験ですよね~。NHKさんお疲れ様でした。またよろしくお願いしますね^^ノ


Posted at 17:57    コメント [1]  

ロケよもやま話1

カテゴリー:雑談

20070620181131.jpg 田村です。話題が無いので、ロケの予備知識として我々の話でも・・・。

まず、撮影そのものがどうやって決まるかというと、制作会社から「○○な場所ありますか?」というようなオーダーが来まして、我々で情報収集をした後、報告を致します。その時点で意図に沿うものならば、制作会社がロケハン(ロケーションハンティング=現地調査)に来ます。そのロケハンに於いて制作会社がOK、そしてその場所の持ち主がOKであれば、大体決定ということになります。すごく簡単に書きましたが、大筋こんな感じです。

苦労するのは、そのオーダーから決定までの期限が短いところ(特にドラマ!)。締め切りが2日後とかも結構あります。我々としては場所を探して撮影が可能か確認して、さらに周辺との折衝やエキストラの手配など、期日までに回答できなければロケは流れますから必死です。

なかなか全部に対応できないのがつらいところですが、制作会社さんも、駄目なら次を当たらなければならないわけですし、特に毎週放送のドラマの撮影が如何にタイトなスケジュールで大変かは、我々も経験で理解できました。対応が早いことは制作者にとって有難いでしょうし、使い勝手の良い支援隊としてロケに来る皆さんをバックアップできるよう、さらに頑張っていきたいですね!


Posted at 00:18  

Copyright © 2006 TOCHIGI FILM SUPPORT TEAM All rights reserved.